Page Top

2030年自然エネルギー主力電源化へ向けて
大量導入と電力系統の安定性・柔軟性

Place:
hall
kitchen
studio

自然エネルギーの導入拡大に伴い、従来型電源(火力や原子力)容量の減少が見込まれる中で、電力系統の安定性や柔軟性の確保が課題の一つとなっています。そこで、自然エネルギー財団では、ドイツのシンクタンク アゴラ・エナギーヴェンデ(Agora Energiewende)およびエリア国際送電(Elia Grid International; EGI)と共に、2030年時点における2つのシナリオ(政府目標シナリオ及び自然エネルギー拡大シナリオ)の自然エネルギー導入拡大時の影響について、需給シミュレーションによる需給分析と、系統モデルによる系統安定度分析の観点から考察しました。

今回のシンポジウムでは、この研究内容の発表と共に、自然エネルギーの導入拡大が進むドイツおよび日本の有識者を招き、日本の電力系統の課題に関してディスカッションを行います。

イベント名
2030年自然エネルギー主力電源化へ向けて
大量導入と電力系統の安定性・柔軟性
日時
2018年12月17日(月)
シンポジウム    14:00-17:10(13:30開場)
ライトレセプション 17:10-19:00 ※シンポジウムご参加者対象
イベント主催者
公益財団法人 自然エネルギー財団
開催場所
hall kitchen studio

このイベント情報をシェアする

Twitter Facebook LINE